性行為感染症 

性病とは,1945年の性病予防法により規定された淋病・梅毒・軟性下疳(なんせいげかん)・第4性病の4つをいいますが,
いずれも細菌による病気です。

 淋菌は、女性では子宮頸管、尿道、直腸に、男性では尿道、直腸などに感染します。帯下や外陰の掻痒感、灼熱感、排尿痛を
自覚することもありますが、無症状のこともあります。治療はペニシリン系抗生物質です。

最近は、性的接触によって感染伝播(でんぱん)する疾患が知られるようになりました。セックスでうつる病原体は,
これらの他にも,ウイルス、細菌、クラミジア、真菌、原虫、寄生虫や毛じらみなど,いろいろあります.
セックスによってうつる病気をひっくるめてSTDといいます。
主な中心となっているSTDはトリコモナス、クラミジア、性器ヘルペスです。

STDは症状に乏しいため、STDが疑われる場合には積極的にSTDの検査を病院で受けることが大切です。
また、STDの治療には、セックスパートナーの治療も必須となりますので、STDへの認識が大切です。
 
主な症状は、帯下、不正出血、下腹痛、性交痛、排尿痛などです。

次のページへ

戀;戻るメール TOP