Box 子宝相談
Line
=漢方で 赤ちゃんが授かる 母体づくり=

「社会構造の変化」「結婚の高齢化」「出産の高齢化」など、時代の変化と共に不妊に悩んでいるご夫婦が多くなっているといわれています。原因は高齢化だけが原因でしょうか?食生活の欧米化、生活習慣の夜型、ストレスを多く抱えている等のため疲れて、からだが弱っている人が多くなっているように感じます。
 その結果、卵子の老化が進んだり、精子の運動が乏しくなったりするのではないでしょうか?
   
 ではどうすれば若返る事ができるのでしょうか?
      
 生活習慣、食生活を見直し、卵子の発育や精子の発育環境を良くし、発育を阻害する因子を排除することです。
           また、
長い間病院で不妊治療を受けている方ですと、内服・注射等を含め排卵誘発剤などため、卵巣が疲れて、卵子の発育不良、卵胞が古くなっていることと、頚管粘液が不足して受精率を落としている方が見受けられます。
そんな方は 漢方薬 で体のサポートが妊娠に貢献します。
  
 不妊の原因の半分は男性にあるといわれています。
男性の検査も必要なときもあるでしょうし、場合によっては治療も必要になります。
           
 疲れやすい、便がいつも柔らかい・または硬い、手足が冷える、根気がない、
 経血に塊(かたまり)がある、経血がチョコレート色、歯ぐきが暗紫色、目の下にくまができやすい、シミ・そばかすが多い、アザができやすい等からだはいろいろな合図を出します。

 あかちゃんが授かるからだの環境づくりをお手伝いいたします。

Line
戻る