生理のサイクル
Line

● 卵胞期
脳の視床下部から下垂体から2種類のホルモンが分泌されます。
卵胞刺激ホルモンは、卵巣の中の卵胞を発育し成熟させます。成熟する卵胞は、数万個のうちの、5〜6個です。
成熟した卵胞から、卵胞ホルモンを分泌させる子宮内膜を増殖し、受精卵が着床しやすくしていきます。
● 排卵期
卵胞が十分成熟して直径20mm程になると、卵胞刺激ホルモンの分泌は抑えられ、同時に黄体化ホルモンが分泌されます。
この黄体化ホルモンの刺激によって、成熟した卵胞のうちの1個から卵子が飛び出してきます。 これを排卵といいます。
排卵の前になると卵管はゆっくりと卵巣に近づきます。卵巣の先端にある卵管采が飛び出してきた卵子を取り込みます。
● 黄体期
卵子が飛び出し空になった卵胞は、黄体という組織になり黄体ホルモンを分泌します。
この黄体ホルモンの作用によって、血液と養分が子宮に送られ子宮内膜の状態が変化していきます。
卵管の太いところで卵子と精子が出会い受精卵となり、子宮内膜に着床すると妊娠ということになります。
● 月経期
妊娠しなかった場合は、黄体の働きが衰えて黄体ホルモンも分泌されなくなり、不要になった子宮内膜がはがれて
血液といっしょに体外へ排出されます。
これが、生理です。月経の情報が脳の視床下部に伝わり、同時に卵胞期がスタートします。



Line

戻る