男性不妊
Line

男性が原因の不妊の代表的な異常は精子の数が少ない場合や、精子の運動が悪い、あるいはその両方の異常などです。
 このような精液の異常のほか最近では、勃起不全(インポテンス)や射精障害による不妊も増えています。
男性が不妊の原因になっている場合は、ほとんどが無精子症か精子の運動能力がないということになります。

正常値
精液量・・・・・2.0(ml)以上
 精子濃度・・・・・2000万(匹/ml)以上
 運動率・・・・・・50(%)以上
 高速運動率・・・・25(%)以上
 正常形態率・・・・ 30(%)以上
 白血球数・・・・・100万/ml以下
 PH・・・・・・・・7.2〜7.8
 精子生存率・・・・・75%以上

漢方的病態として気滞血お、腎陽虚、腎陰虚などの状態があります。

☆精子形成に必要なアルギニン・亜鉛・セレン、精子形成促進作用やアンドロゲンDHEA低下抑制作用のある薬草が用いられます。

Line
戻る